状態の良いドールなら専門店を使えば高く買取ってもらえる

ドール1

大切にしてきたドールを売ろうと考えるなら、リサイクルショップやおもちゃ買取店に持ち込むのではなくドール専門店を頼りましょう。もしも、専門店に売るのならキレイなほうが査定額が上がるため、状態を良くして査定に出すことをおすすめします。

キレイにする方法はいくつかあるので、できるだけ努力をしてからお店に見てもらいましょう。

⇒駿河屋でドールを高価買取してもらう方法とは?駿河屋の買取システムも徹底解説!

高く売りたいなら専門店探しから

所有するドールを売りたいと考えた時に、買取ってくれるお店を探すのが難しい場合もあります。

有名なキャラクターのぬいぐるみやフィギュアならば、リサイクルショップやおもちゃ買取店で売れるでしょうが、ドールには対応していないケースも多々あるからです。

売れたとしても、それらのお店では適切な価格になるとは限らないため、大切にしていたドールを安く手放したくない方にはおすすめできません。もしも、適切な価格で売りたいと考えるなら、まずはドールの専門店を探すことから始めましょう。

ただし、本やカメラのように専門店があちらこちらにあるわけではありません。買取ってくれる専門店は限られているため、多くの情報を簡単に得られるインターネットを使って探すのが効率的です。なお、ドール専門店の数から考えると持ち込めるお店が近くにある可能性は低いため、最初から宅配買取に対応するところを探したほうが良いでしょう。

買取方法を確かめよう

ドール10

インターネット上でドールを売れる専門店を見つけられたのなら、さっそく場所を確認しましょう。近ければ、お店を訪れてドールを渡すだけの店頭買取が利用できます。もしも、店舗の所在地が遠くにあるのなら、ダンボールに詰めて送る宅配買取を使うことをおすすめします。

ただし、周りの目が気になって店頭に持ち込むのを躊躇するのなら、近くにあっても店頭買取を利用しましょう。なお、各買取方法の詳しい手順は、専門店のウェブサイトに分かりやすく記載されています。手順を読めば、お店の住所や身分証明書を用意することなど、売却に必要なことがすべて分かるので必ず目を通しましょう。

送料や振り込み手数料など費用についても載っているはずなので、きちんと読んでおけば思わぬ出費をすることもありません。


ドールをキレイにしよう

観賞用に飾って楽しんでいたドールの場合は、ホコリやチリなどの汚れがそれなりに付着している場合があります。汚らしい状態ではドールの価値が下がり、専門店の査定額も下がってしまうので気をつけましょう。ホコリやチリなどなら、ブラシを使ったり掃除機で吸ったりすれば、汚れがキレイにできるはずです。

なお、顔に汚れがありキレイにしたいときは、インクを落とさないように慎重に拭かなければいけません。軽く拭いただけでは取れないのなら、キレイにするのはあきらめて査定に出してしまうのも良いでしょう。多少汚れていたとしても、拭いたせいで眉毛や目などのインクが落ちてしまうよりはずっとマシです。

また、衣類が汚れているのなら、洗濯洗剤を使ってキレイにすることも可能です。ただし、色落ちする素材で作られている衣類もあるため、不安に感じるのなら洗濯をしないほうが良いです。色が落ちてしまったりまだらになってしまったりすれば、ドールの査定額が下がってしまいます。

さらに、洗う場合は洗濯機を使うのではなく、必ず優しく手洗いをするようにしましょう。洗濯機で乱暴に洗ってしまうと、ボタンや飾りなどが引きちぎれてしまい、査定額に響いてしまう可能性があります。ドールをキレイにしようと考えて、良かれと思って行った行動が状態を悪化させてしまうこともあります。

後悔した時には遅いので、汚れを落とせるという確信がなければ、欲張らずにやれる範囲だけキレイにしておきましょう。

運ぶときには慎重に

店頭買取の場合、自動車があるのなら積み込んでお店を訪れれば良いだけです。ただし、自動車を駐められるスペースが用意されていなければいけないので、ウェブサイトや問い合わせを利用して駐車場の有無を確認してから訪れましょう。

もし、公共交通機関を使って移動するのなら、ドールを破損しないように慎重に運ばなければいけません。落としたり歩行者にぶつかったりしたときに、ドールがダメージを受けてしまうというアクシデントがあるからです。

せっかくキレイな状態で保管してきたのに、専門店へ持ち運ぶ時に破損してしまったのでは後悔してもしきれないでしょう。柔らかく形が変わりやすい紙袋などを利用するのではなく、ショックを受けないように硬い箱などに入れて持ち運ぶことをおすすめします。

ちなみに、ドールの顔や手などが見えてしまうと、周りの方に不審に思われる可能性があるので、他者からは分からないようにして持ち運びましょう。

送るときはより慎重に

宅配買取を利用するのなら、ドールをダンボールに詰めなければいけません。ダンボールの中で動くようでは、配達している途中にあちこちにぶつかってしまい破損する可能性があるのできちんと固定しましょう。店頭買取の場合は自分で持ち運びますが、宅配買取の場合は業者が持ち運ぶため、どのように取り扱われるのか分かりません。

もちろん、ワザと乱暴に取り扱うことはないでしょうが、多少のショックがあったとしてもドールが壊れないようにダンボールに詰めたほうが安心です。なお、配送する時は、『こわれものシール』の活用をおすすめします。

『こわれものシール』をダンボールに貼り付ければ、業者が丁寧に取り扱ってくれるため、自宅に保管していたままの状態で無事に届けてもらえるはずです。

⇒東京でドール買取店を利用する際の流れ

破損していても売れる

何かしらのアクシデントで、修復できない状態まで破損してしまったドールを所有する方もいるはずです。もし、飾ることはないけれど捨てることもできずに困っているのなら、破損状態のドールを売れるお店の利用を考えましょう。

多くのお店では付属品の欠品くらいなら買取ってくれますが、破損ドールは対応していません。しかし、インターネットを使ってよく探せば、ドールが破損していたとしても売却できる専門店を見つけられます。ただし、破損状態があまりにも酷いと対応店でも買取ってくれない可能性があります。

そのため、利用する前にお店に連絡を取り破損の程度を伝えて、買取ってもらえるか質問してみましょう。《参考元 ... スーパードルフィー買取 ... 買取コレクター

買取ってくれるのなら捨てることなく手放せるので、ドールに対して余計な罪悪感を感じずに済みます。

⇒京都で信頼できるドール買取の専門店を選ぶには